ミヨコの黒ずみWEB

あそこ の黒ずみについて

普段、人の目に触れることがないゾーンですが、自分としては黒ずんでくると気になって仕方がないですね。
ましてや大切な人は見られる機会もあるわけですから・・・
意外にこの部分に黒すみがあり、悩みにしている方は少なからずいるようです。性経験が多い人は黒くなる、という
通説もその悩みを増長させていることもあるようです。

 

黒ずみは体のどの部分でも出てくるものですが、ここではあそこ(陰部)に出てきてしまった場合の黒ずみについて
お話していきたいと思います。

 

あそこに黒ずみはどうしてできるの?

 

 まず黒ずみ自体ができてしまう原因は、いくつかあります。
 ・ターンオーバー(新陳代謝)、ホルモンバランスの乱れ
 ・メラニンの発生(色素沈着)

 

 さらにこれらが発生してしまう具体的な要因は以下のようなものがあげられます。

 

  • 不規則な生活習慣(栄養バランスも含む)
  • 汚れ
  • 衣類との摩擦
  • 加齢

 

 

 あそこは衣類との摩擦に常にさらされています。下着や生理用品等に圧迫されていたり、日常的な摩擦によって、
 角質やメラニン色素が溜まっているといっても言い過ぎではありません。

 

あそこの黒ずみへの対策や予防は?

 

 次に、あそこに黒ずみが出ないようにする対策や予防について簡単に紹介します。
 あそこは体の中でも敏感(デリケート)で柔らかい箇所ですので、そういう箇所は元々刺激を受けると固くなろうとして
 メラニン色素を集めようとします。乳首や脇なども同じです。
 したがいまして、黒ずみが出ないようにするために一番気をつけなければいけないことは、あそこに刺激を与え続けない
 ことです。上にも書きましたが、下着等での過度な圧迫や摩擦は禁物と考えてください。また、Vゾーンなど近くの部位
 の脱毛も強い刺激になるので、避けるべきだと考えます。

 

 ケアの仕方も大切になります。
 黒ずみを出したくない、きれいなピンク色、肌色に戻したい、と思うことは自然なことと思います。でも、考えすぎない
 ようにはしてください。元々体の中でもメラニンがたまりやすい箇所なのですから、けっして自分だけが黒い、自分が
 黒すぎるなどと、思い込まないようにしましょう。年齢的なものもあるのですから、むしろ自然なことと思うくらいが
 いいかと思います。
 でも、できれば綺麗な肌にしたい、というのも自然な気持ちです。短時間で改善は難しいと思いますが、次のようなこと
 に気をつけながら、気長にお手入れをしてみましょう。

 

 

美白用の石鹸やクリームを使う。


  インターネット、雑誌等で色々なものが紹介されておりますので、その使用方法をよく読んでお使いになってみると
  効果がある可能性があります。
  ただし、ご自身の体に合っているものを見つけられるといいのですが、たくさん売れているから自分にも効果がある
  とは限りませんので、焦らないようにしましょう。

 

洗い方に気をつける

  刺激を強く与えることが厳禁なので、せっかく見つけた美白用石鹸等を使う時に、ゴシゴシと強く洗ってはいけません。
  基本的には、どの美白用品も泡状にフワフワな状態にして、泡をのせるくらいの優しさで触れ、しばらくパックをする
  ように置いておき、流す時もお湯をかけ流す程度、という方法で洗うことが使用方法に書かれています。

 

ターンオーバー(新陳代謝)を促す

  体の中からメラニンを洗い流すことができるように、適度な運動、ストレッチなどで血行を良くし、ビタミンCなどの
  美白、肌の改善によい栄養素をとるように、バランスの良い食事をしていきましょう。
  体全体に言えることですが、乾燥も敵ですので、保湿にも気をつけましょう。

 

 気にしすぎてしまうと、心と体が疲れてしまい、ターンオーバーやホルモンバランスが乱れてしまいます。どうぞ気長に
 前向きに改善していってください。